コロナの時代を生きるママ

本日のお客様。

ずっと入り口で、お子様を抱っこして、ウロウロ、、、

スタッフが声をかけると、お店の中へ、、、

6か月のお子様を抱いて、お散歩していたご様子。行くところもなくて、フラフラとお散歩されていたようです。

お話を聞くと、、、

ご実家は九州、、、

コロナで行く場所もなく、

人と触れ合いたいけど、お互いに距離ができてしまう、

子供をたくさんの人の中で育てたい、

子育ては全て育児本の中に答えを求めてしまう、

でも、育児本に書かれている、基準が何なのかわからない、

家の中が片付かなくて、育児に時間をかけているだけなのに、なんとなくサボっているような気持ちになる、

ご主人様以外の女性と話したのは、久しぶり、

一方通行の生活にお疲れのご様子でした。

子育ては本当はもっと楽しいもの。でも、コロナの時代に出産して、育児をされているママ達は孤独との戦い。

不安ばかりの毎日で、孤独に頑張っているママ達に出来ることは何かないかと、、、

一緒にそんなママを助けてくれる方いらっしゃいませんか?

ウイルスだから、ほんとに怖いし、大切なのは命だけど、、、

人と人が触れ合わなくなったら、どんな世の中になるのだろうかと、そちらの方が不安になりました。

今を生きるママに、安心して来ていただける場所作りをしていきたいと、改めて実感した1日でした。

未来を生きるのは子供達。そんな子供達を笑顔にするのがママの仕事。そんなママを笑顔をするのは、私たちの仕事。

何もできないけど、手を差し伸べたり、共感したり、お話を聞くことはできるので、、、

いつでもお話ししにいらしてくださいね。